インド新車販売、2月9%増 2カ月連続増加 :日本経済新聞 – 日本経済新聞



 【ムンバイ=堀田隆文】インド自動車工業会(SIAM)が10日発表した2月の新車販売台数(乗用車と商用車の合計)は前年同月比9%増の32万2298台だった。前年実績を上回るのは2カ月連続。昨年11~12月は高額紙幣廃止の影響で販売が落ち込んだが、影響は収束しつつあり、四輪車市場は堅調な伸びとなった。

 全体の8割を占める乗用車は9%増の25万5359台だった。最大手のスズキ子会社マルチ・スズキの販売が12%増と好調だった。一方、1月は7%減だった二輪車も2月は微減となった。現金決済が多いため、紙幣廃止の影響が大きい二輪市場にも回復傾向がみられる。



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です