韓国キア世界販売3.6%減…中国は26%減 2月 – レスポンス



韓国ヒュンダイモーター傘下のキアモーターズは3月中旬、2月の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は20万6438台。前年同月比は3.6%減と、3か月連続で前年実績を下回った。2月の市場別実績は、北米が前年同月比13.8%減の4万6671台と、2か月連続で減少。中国は2月、3万1601台を販売。前年同月比は24.6%減と、3か月連続のマイナス。

また、地元韓国は2月、3万9158台を販売。前年同月比は0.1%増と微増ながら、8か月ぶりのプラス。欧州は4万7921台を売り上げ、前年同月比は10.9%増とプラスを保つ。

車種別の2月実績では、小型セダン&クーペの『フォルテ』(『K3』)が、3万2817台で最量販車に。新型を投入した小型SUVの『スポーテージ』が、2万9881台でこれに続く。入門コンパクトカーの『リオ』(『K2』)が2万5635台。以下、『オプティマ』は1万6893台、中型SUVの『ソレント』が1万2861台を販売した。

キアモーターズの2016年の世界新車販売台数は、過去最高の300万7976台。前年比は3.2%増だった。



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です