東証大引け 20年10カ月ぶり高値 景気拡大期待で :日本経済新聞 – 日本経済新聞



 11日の東京株式市場で日経平均株価は7日続伸し、前日比57円76銭(0.28%)高の2万0881円27銭で終えた。2015年6月に付けた第2次安倍晋三政権の発足以降の高値を上回り、1996年12月5日以来、約20年10カ月ぶりの高い水準となった。10日の米株高や国際通貨基金(IMF)による2017年の世界経済見通しの引き上げをきっかけに海外投資家の先高観が強まった。利益確定目的の売りで下げる場面もあったが、下値では好業績が期待できる銘柄に買いが増えた。7日続伸は16年12月6~16日(9日続伸)以来。

 東証株価指数(TOPIX)は3日続伸し、1.67ポイント(0.10%)高の1696.81で終えた。07年7月31日以来約10年2カ月ぶりの高値を付けた。JPX日経インデックス400は3日続伸した。終値は前日比16.95ポイント(0.11%)高の1万4976.46だった。

 内閣府が朝方に発表した8月の機械受注統計で民間設備投資の先行指標である「船舶、電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比3.4%増加した。機械株を中心に業況改善を期待した買いを誘った。

 東証1部の売買代金は概算で2兆3703億円。売買高は15億3158万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は879と全体の43%を占めた。値下がりは1045、変わらずは106銘柄だった。

 取引終了後に17年3~8月期の連結決算を発表するユニファミマに通期業績の上方修正に期待する買いが入った。長期金利の上昇を受け東京海上MS&ADが買われた。ユニチャームファナック富士通も上昇した。

 一方、為替の円安・ドル高一服でスズキマツダSUBARUなど自動車株に売りが出た。JFE東レ村田製も下落した。データ不正問題に揺れる神戸鋼は連日で急落した。

 東証2部株価指数は3営業日ぶりに反落した。シャープASTIが下げた。半面、特設注意市場銘柄の指定解除が伝わった東芝が上げ、サイステップも買われた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です