GDP改定値1.2%増に上方修正 10~12月期 設備投資が上振れ – SankeiBiz

 内閣府が8日発表した2016年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動を除く実質で前期比0.3%増、このペースが1年続くと仮定した年率換算で1.2%増となった。企業の設備投資が上振れしたことから、速報値の年率1.0%増から小幅に上方修正した。プラス成長は4四半期連続。個人消費を中心とする内需は弱く、全体を輸出が牽引する「外需頼み」の構図が改めて鮮明になった。

 項目別では、設備投資を速報値の前期比0.9%増から2.0%増へと上方修正。速報値後に発表された10~12月期の法人企業統計で、不動産や建設業、食品製造業の設備投資が上振れしたことを反映した。

 個人消費は、速報値後の生産動態統計で自動車が好調だったことなどを反映し、0.01%減から0.04%増へと、わずかに上方修正。野菜価格の高騰による生鮮食品の買い控えなどが下押し要因となり、消費は力強さを欠いた。公共投資は新しい建設総合統計を反映し、1.8%減から2.5%減へと大きく引き下げた。

 輸出は2.6%増のままとなった。輸入も1.3%増を維持。輸出から輸入を差し引いた「外需」は、全体のプラスに寄与した。景気実感に近いとされる名目GDPの改定値は0.4%増、年率で1.6%増だった。速報値の年率1.2%増から、0.4ポイント上方修正した。

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です