官房長官「景気動向を注視」 12月日銀短観受け – 日本経済新聞

 菅義偉官房長官は14日午前の記者会見で、日銀の12月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の業況判断指数(DI)が9月の前回調査から改善したことについて「景気は緩やかな回復基調にあると考えている」と述べた。他方で「景況感の先行きには慎重な見方もある」と指摘。「今後の景気動向をしっかり注視していきたい」と語った。

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です