指標予測=10 12月期実質GDP2次速報、年率+1.6%に上方修正 – ロイター

[東京 3日 ロイター] – ロイターがまとめた民間調査機関の予測では、内閣府が8日に発表する2016年10─12月期実質国内総生産(GDP)2次速報の予測中央値は、前期比プラス0.4%、年率プラス1.6%となった。1次速報では前期比プラス0.2%、年率プラス1.0%だった。

法人企業統計を反映させ、設備投資は当初の前期比プラス0.9%からプラス1.7%に上方修正する。農林中金総合研究所の主席研究員、南武志氏は、「輸出が国内景気のけん引役であるものの、民間消費は足踏みしているとの評価には変更はないだろう」と指摘した。

(前期比%)

            前期比   年率  民間

                     設備投資      1次速報       +0.2 +1.0 +0.9

-----------------------------

    中央値 +0.4 +1.6 +1.7

    最大値 +0.6 +2.4   +2.6

最小値        +0.3 +1.1 +1.3

調査機関の数 20 20 19

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です