697兆円 – 日本経済新聞

 銀行預金が急増している。全国銀行協会によると、小切手などを差し引いた実質預金は2月末で前年同月比5.1%増の697兆543億円。金融危機だった1999年以来の高水準の伸びが続いている。

 預金というと個人を思い浮かべがちだが、今のけん引役は実は企業だ。日銀統計でみると、伸び率は個人預金の2%に対し、一般法人は12%と突出している。そこで法人企業統計をみると、確かに現預金は2016年12月末に8%伸…

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です