【市況】来週の株式相場見通し=1万9000円台後半で強調展開、押し目買い意欲は持続 – 株探ニュース

市場ニュース

戻る

2017年05月26日17時29分

【市況】来週の株式相場見通し=1万9000円台後半で強調展開、押し目買い意欲は持続

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 来週(29日~6月2日)の東京株式市場は、日経平均株価が1万9000円台後半のレンジでもみあう展開となりそうだ。今週末の主要7カ国(G7)首脳会議の評価をはじめ、来週は米国の重要経済指標発表が相次ぐなか、外国為替市場での円相場の動向によって株価も大きく左右されそうだ。来週の日経平均株価の想定レンジは1万9300~1万9900円とする。

 市場関係者からは「決算発表シーズンが一段落して以降、国内に手掛かり材料が乏しいなか、外部要因によって変動する円相場と株価の連動性が一段と高まっている。米国の利上げペースを後退させるような経済指標が発表されると、円高・株安が進行する懸念もある。ただ、一方で日経平均株価の1株利益は1401円(25日)に達し、PERは14.14倍(同)にまで低下している。これは、海外主要株式市場と比べても割安状態にあり押し目買い意欲の支えとなっている」との見方が出ていた。

 日程面では、4月の労働力調査・有効求人倍率・家計調査・商業販売統計(30日)、4月の鉱工業生産指数(31日)、1~3月期の法人企業統計、5月の新車販売台数(1日)、5月のマネタリーベース、5月の消費者態度指数(2日)に注目。

 海外では、メモリアルデー(戦没者追悼記念日)で米・英などの株式市場は休場(29日)、米5月のCB消費者信頼感指数、米4月の個人所得・個人支出(30日)、中国5月の製造業PMI、ユーロ圏4月の失業率(31日)、米5月のADP雇用統計、米5月のISM製造業景況指数、米5月の新車販売台数(1日)、米5月の雇用統計、米4月の貿易収支(2日)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です