再送-GDPこうみる:堅調なGDPは株価の下げ止まり要因=内藤証 田部井氏 – ロイター



(検索コードを修正しました)

[東京 14日 ロイター] –

<内藤証券 投資調査部長 田部井美彦氏>

足元の株価が全体的に下げ止まっていることは、4─6月期実質GDPが6期連続プラス成長と堅調な内容になったことも要因ではないだろうか。

プラス成長に寄与したのは内需で、民間最終消費が最も大きかった。お盆休み中でもあり、最近各地の人出が増えている中でこういったGDPの内容は分かりやすい結果となったかなという感じはする。

材料不足の中で一つ好材料が出てきた。ただ、懸念し始めるのは早い気はするが、あまり強くなってくると円高要因になってしまう。



こんな記事も読まれています



コメントを残す