シェアリング経済が変えるGDPの尺度 – 日本経済新聞

 身の回り品を個人間で売買する「フリーマーケット(フリマ)アプリ」が、若者を中心に急拡大している。その市場規模は10年後には20兆円に達するともいわれるが、国内総生産(GDP)では必ずしも把握し切れていない。GDPという物差しも変更を迫らえている。

 現金が出品されたのを機に、この分野に疎かった人たちの関心も集めだしたメルカリ。フリマアプリと呼ばれる個人同士のマーケットで、要らなくなった衣料やパソコ…

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です