中国成長、横ばい6.9% – 日本経済新聞

 【北京=原田逸策】中国国家統計局が17日発表した2017年4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価の変動を除いた実質で前年同期比6.9%増えた。成長率は1~3月期から横ばい。インフラ投資の拡大と好調な個人消費がけん引した。引き締め気味の金融政策で不動産の投資や販売が鈍っており、年後半は減速する可能性がある。

 習近平指導部が17年の目標とする「6.5%前後」を上回った。1~6月の成長率も6.9%で…

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です