「猿の惑星」最新作が初登場1位、「スパイダーマン」2位-北米映画 – ブルームバーグ

週末の北米映画興行収入ランキングは、20世紀フォックスの「猿の惑星」シリーズ最新作が初登場1位となった。前週封切られトップだったソニーの「スパイダーマン」最新作は2位に後退した。

  調査会社コムスコアが電子メールで16日配布した資料によれば、「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」の興行収入は推計5650万ドル(約64億円)。2週目の「スパイダーマン:ホームカミング」は4520万ドルだった。

原題:‘Planet of the Apes’ Topples ‘Spider-Man’ in Weekend Debut (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です