英物価、4年ぶり大幅上昇=ポンド安響く-5月:時事ドットコム – 時事通信

 【ロンドン時事】英国民統計局が13日発表した5月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比2.9%上昇した。欧州連合(EU)離脱決定に伴う通貨ポンド安が響き、2013年6月以来約4年ぶりの大幅な上昇となった。
 4月は2.7%上昇だった。英国では1~3月期の実質GDP(国内総生産)伸び率が、低調な家計消費を背景に前期比0.2%に急減速。総選挙後の先行き不透明感から景況感も大幅に悪化しており、物価上昇の加速で消費が一段と冷え込めば、離脱決定後も底堅く推移してきた国内景気が不安定になることも予想される。(2017/06/13-19:46) 関連ニュース

【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です