1 3月の独GDP伸び率拡大の公算、今年の出足順調=経済省 – ロイター

[ベルリン 15日 ロイター] – ドイツ経済省は15日公表した月報で、第1・四半期の国内総生産(GDP)伸び率が前四半期から拡大するとの見方を示した。

2016年第4・四半期のGDPは0.4%増だった。

月報は「今年は好調な滑り出しとなっており、第1・四半期の伸び率は加速するだろう」と指摘した。

世界の状況や国内指標は輸出の緩やかな伸びを示しており、建設のファンダメンタルズも底堅いとした。

信頼感に関する指標も経済見通しの改善を示唆しており、消費者心理や小売業者の景況感は引き続き総じて堅調とした。

2017年の成長率は、労働日数の減少を背景に、前年の1.9%から1.4%に減速する見通しとしている。

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です