最も魅力的な新興市場にメキシコが浮上-最下位はインド – ブルームバーグ



投資家にとって最も魅力的な新興市場はメキシコ、最悪はインドだ。ブルームバーグが国内総生産(GDP)成長率や債券利回り、株式のバリュエーションといったさまざまなメトリクスを分析した。

  昨年11月の米大統領選でのドナルド・トランプ氏当選後、メキシコの通貨ペソは下落し、債券利回りは上昇。米国の雇用を盗んでいるとトランプ氏がメキシコを激しく非難したことを織り込んだ。

  当初の売り一巡後も、メキシコ10年国債利回りは米大統領選前の水準を引き続き1ポイント余り上回っている。ペソの実質実効為替レートは21年ぶりの低水準に近く、輸出企業の利益見通しを押し上げている。

  アセットマネジメントOneの竹井章ファンドマネジャーは、メキシコの通貨と債券は売られ過ぎだと指摘。ペソは昨年11月に始まった下落の幅を縮小。アナリストらによる今年10-12月(第4四半期)のペソ相場見通しは1ドル=20.50ペソと、2月以降で約5%上方修正された。

  投資家にとって最も魅力が薄いインドは、国内の株式と債券、通貨が比較的割高だ。インド株の指標S&P・BSEセンセックスが先週、2年ぶりの高値を付けたほか、ナショナル証券取引所(NSE)のニフティー50指数は過去最高値を更新。地方選での与党勝利で、モディ首相が物品サービス税(GST)導入を含めた改革措置を加速するとの楽観的な見方が広がった。

  ナットウェスト・マーケッツのシンガポール在勤エコノミスト、バニンダー・シン氏は「新税は中期的には素晴らしいが、導入後数カ月は消費をある程度損なうことだろう」と述べ、株式市場の「調整」とその結果としてインド・ルピーの調整も避けられないとの見方を示した。

  ブルームバーグはJPモルガン・チェースの新興市場通貨指数を構成する10カ国中9カ国を分析。シンガポールは先進国と見なされるため、対象から外した。

Mexico Turkey Chile Hungary S.Africa Brazil Russia China India
GDP -0.72 -0.40 -0.70 0.47 -0.93 0.45 0.35 -1.82 0.08
Current Account -0.76 -0.30 0.11 0.09 0.94 0.76 -0.49 -1.09 0.66
Stock P/E 1.84 1.08 0.36 -0.36 -0.14 0.80 0.11 -0.64 -2.98
Yield 2.81 2.11 -0.34 -0.60 1.03 -0.94 -0.40 0.04 -1.27
REER 1.89 2.32 -0.26 0.69 -0.35 -0.42 0.05 -0.35 -1.44
FX Vol -1.43 -1.88 0.33 0.71 0.07 0.08 0.35 -1.47 0.83
Ratings 0.56 -0.78 1.56 -0.44 -0.11 -1.11 -0.78 1.56 -0.44
Total 4.18 2.15 1.04 0.57 0.52 -0.38 -0.80 -3.78 -4.56

各国の魅力度は以下の基準に基づき算出。見通しはブルームバーグが実施したアナリスト・エコノミスト調査から集計した。

  • 2017年のGDP予想
  • GDPに対する17年の経常収支見通し
  • 主要株価指数の株価収益率(PER)
  • 10年債利回り
  • 国際決済銀行(BIS)のデータに基づく実質実効為替レート
  • 外国為替のインプライドボラティリティー
  • ソブリン格付け

原題:Mexico Emerges as Most Alluring Emerging Market, India Worst (1)(抜粋)



最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE

こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です