朴氏、無期懲役も 異例21時間聴取…濃紺コート姿に韓国紙「政界では『戦闘モード』象徴の声」 (1/2ページ) – ZAKZAK





 韓国検察の取り調べを受けていた朴槿恵(パク・クネ)前大統領が22日午前、ソウル市内の自宅に戻った。聴取は21時間にもおよび、検察は巨大財閥からの収賄容疑について集中的に追及したもようだ。朴氏は否認したとみられるが、今後の運命は検察の判断にかかっている。収賄罪の最高刑は無期懲役で、朴氏は一生、刑務所暮らしになる可能性もある。

 朴氏が自宅に戻ったのは22日午前7時すぎ。ソウル中央地検での取り調べは前日の午前9時35分から始まり、約14時間後の午後11時40分ごろに終わったが、聯合ニュースは、検察が作成した尋問調書の確認に時間がかかったと伝えた。

 一連の国政介入事件で、朴氏には13件に上る犯罪容疑がかけられている。中でも、韓国最大の財閥、サムスングループから、朴氏の長年の友人である崔順実(チェ・スンシル)被告側への支援に絡む約433億ウォン(約43億円)の収賄容疑が事件最大の焦点だった。

 サムスングループ全体の売り上げは韓国のGDP(国内総生産)の2割に当たるとされ、巨大財閥と最高権力者の癒着は韓国社会の厳しい批判にさらされた。さらに、収賄罪で有罪となれば、高額収賄の処罰規定に基づき、最高で無期懲役もあり得る。こうした事情から、検察側は収賄容疑の立証に注力せざるを得なくなった。



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です