17年度 実質1.5%成長、名目は2.5% 政府見通し – 日本経済新聞

 政府は2017年度の経済成長率見通しで、実質国内総生産(GDP)の伸び率を1.5%とする方針だ。名目成長率は2.5%とする方向。雇用環境や所得の改善が続き、個人消費が上向く。世界経済の回復に伴い輸出も増える。8月に決めた経済対策の効果もあり、景気は緩やかに回復するとの姿を示す。

 20日の閣議で了解する。政府は12月に政府経済見通しを作成し、税収の見積もりなど政府予算案の前提としている。…

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です