神戸鋼の常務、外部調査対象「グループ全体国内外問わず」 – 日本経済新聞



 神戸製鋼所(5406)の勝川四志彦常務執行役員は11日夜、鉄粉事業と子会社が手掛ける検査業務でデータ改ざんがあったことを受け都内で記者会見を開き、法律事務所によって実施中の外部調査の対象について「グループ全体で国内外問わずだ」と述べた。調査完了については「結果が出るまでは時間がかかる」とした。〔日経QUICKニュース(NQN)〕



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です