ロシア人が毒づく頻度は? 世論調査 – Sputnik 日本

スプートニク日本

うち過半数(58%)は激しい感情にとらわれたときだけ用いると回答。

回答者の4分の1(26%)は、罵詈雑言を用いたことがないと述べた。

回答者の62%は、どんな状況であっても放送禁止用語に頼ってはならないとする一方で、36%は場合によっては問題ないとした。

文学作品における放送禁止用語の使用についても、ほぼ同様の比率となった。つまり、反対が60%、賛成が37%となった。

また、77%はマスコミでの放送禁止用語使用に対する罰金導入を肯定、18%は反対した。

調査はロシアの104の居住地域で7月8,9両日に行われた。1500人が回答した。

先の報道によると、米サンフランシスコ州のカリフォルニア大学の研究チームが初めて、汚言症などのチックを症状とする神経精神疾患、トゥレット障害の悪化を引き起こす一連の遺伝子の突然変異を発見した。

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です