【産経・FNN合同世論調査】自民・石破茂氏、内閣支持率急落「一喜一憂 … – 産経ニュース



 自民党の石破茂前地方創生担当相は19日、産経新聞とFNN(フジニュースネットワーク)が17、18両日に行った合同世論調査で、安倍晋三内閣の支持率が5月の前回調査(56.1%)から47.6%に急落したことに「一喜一憂してもしようがない。落ちるのは理由がある」と述べた。学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる政府の対応などが原因との認識を示した。

 合同世論調査では、小池百合子東京都知事へのの支持率は自民党支持層でも58.3%に達した。石破氏は都議選の告示を23日に控え、築地市場(東京都中央区)の豊洲移転問題などをめぐり小池氏への批判を強める党都連を念頭に「選挙区ごとの課題を把握し、自民党が何をするかを訴えるべきだ。小池氏を批判し対立をあおっても1票にもならない」と苦言を呈した。その上で「国政と都政の課題をごっちゃにすると、必ず政権へのダメージになる」と警鐘を鳴らした。産経新聞の取材に答えた。



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です