静岡県がドローンで外壁調査、自治体初 – 日本経済新聞

 静岡県は2017年6月12日、藤枝市にある藤枝総合庁舎本館でドローンによる外壁調査を実施した。県によると、自治体が発注したドローンによる外壁調査は、全国で初めてだという。調査は、6月5日に県と随意契約を結んだERIソリューション(東京都港区)が担当した。

 庁舎は地下1階、地上4階建ての鉄筋コンクリート(RC)造で、建物高さは約20m。1982年に竣工した。外壁は磁器質タイル張りで、2005年に西…

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です