テレビタレントイメージ調査 解散したあのグループのリーダーが急上昇! – エキサイトニュース



 ビデオリサーチ(東京)が年2回実施する「テレビタレントイメージ調査」で第89回調査(2017年2月度)の結果がまとまった。それによると男女別のタレント人気度ベスト3は、男性は1位が阿部寛、2位が マツコ・デラックス、3位が錦織圭、女性は1位が綾瀬はるか、2位が新垣結衣、3位が天海祐希。女性は上位の顔ぶれが変わり、2位の新垣結衣は初のトップ3入りだ。

男性では、解散したSMAPの中居正広が前回のベスト50位圏外から17位に急上昇したのが目を引く。星野源がベスト50位圏内に初登場し、37位にランクイン。3位に入った錦織圭は2年前初めて1位を獲得したが、昨年のリオ五輪で日本に96年ぶりのメダルをもたらしたこともあり、久々のトップ3入りとなった。

一方、女性では、日本中を幸せオーラで包んだ福原愛が、ベスト50位圏外から19位に急上昇。近年、上位の顔ぶれは綾瀬はるか、天海祐希、浅田真央、DREAMS COME TRUEで固定化していたものの、久々に新垣結衣がそこへ割って入った。

調査は1月28日~2月5日に東京駅を中心とした半径30km圏の満10歳~69歳の男女 1130人(男性タレントに対して565人が女性タレントに対して565人が回答)を対象に実施した。



こんな記事も読まれています



コメントを残す