「うちの畑に隕石が落ちた?」掘って調査へ 謎の穴が青森県に出現 – ハフィントンポスト



青森県つがる市稲垣町の麦畑に3月上旬、直径約2メートルの大きな穴が出現した。隕石の落下跡ではないかと注目を集めている。麦畑の所有者の孫、小田桐仁義さん(26)が3月25日から「おだじん」の名義でTwitterに写真を投稿している。

ハフィントンポストの取材に対して、小田桐さんは「3月上旬の明け方、『ドン!』と世界が終わるかのような大きな音がして、家が揺れたので飛び起きました。当初は家族みんな落雷ではないかと思っていましたが、雪が溶け始めた17日に直径2メートルぐらいの穴が畑に出来ていて、中に水がたまっているのを祖父が見つけました」と話している。

つがる市や地元の警察の調査では「爆発物や落雷によるものではない」という見解だった。Web東奥毎日新聞は「隕石ではないか」と報じて、注目が集まっている。小田桐家では3月31日朝に穴を掘って、隕石が埋まっているかを調べる予定だという。

小田桐さんは「もし隕石がうちの畑に落ちてきたのだったら、天文学的確率です。すごい話だと思う」と興奮ぎみに話していた。

■関連スライドショー(世界の巨大な穴)

Close

(※開かない場合は、こちらへ)



こんな記事も読まれています



コメントを残す