出会い系アプリが「モテるプロフィール写真」を調査した結果 → スポーツ中 … – ロケットニュース24

出会い系サイトのプロフィール写真では、なにをチェックする? 「もちろん、顔!」なんて力強い声も聞こえてきそうだが、それ以外の要素だって大きく影響しているみたい。

というのも今回、ある出会い系アプリが「どんなプロフィール写真がモテるか」調査してみたところ、表情や撮影方法なども評価を左右することが判明したのだとか。一体どんな写真が、モテる・モテないのかしらん?

・どんな写真がモテるのか?

出会い系アプリ『Hinge』が発表した、この調査結果。登録メンバー1000人のプロフィール写真をランダムに選出し、「歯を出して笑っているか、いないか?」「髪はアップにしているか、下げているか?」など35の基準で、どういった写真が高評価・低評価を得ているか調べたという。

すると「高評価を得ている = モテる写真」の特徴が、男女で以下のように異なっていることが分かったそうだ。

【こんなプロフィール写真がモテる!(女編)】
髪をアップにしている(モテる度 27%アップ)
1人で写っている(モテる度 69%アップ)
カメラから目線をそらせている (モテる度 74%アップ)
歯を出して笑っている (モテる度 76%アップ)

【こんなプロフィール写真がモテる!(男編)】
1人で写っている(モテる度 11%アップ)
口を閉じて笑っている (モテる度 43%アップ)
カメラ目線 (モテる度 102%アップ)

歯を出して笑うか、笑わないか。カメラ目線か、そうではないか。男女で正反対なのが興味深い。

・「スポーツ写真」や「自然体な写真」もモテる!

その他の要素も大切。まず、元気な印象を与えるからか、「スポーツをしている写真」は、高い好感度を得られるもよう。なんと女性では “モテる度 166%アップ” し、男性だと “45%アップ” するのだ。

スポーツが苦手な人なら、白黒&自然体な写真で責めるのも手かもしれない。なぜならドヤッとポーズしている写真よりも、「自然体で収まっている写真」 の方が “モテる度が15%アップ” しているとのこと。

「白黒写真」でも、 “モテる度 106%アップ”。プロフィール写真を白黒にしている人はたった3%しかいないらしいので、目立っていいかもしれない。

また、低評価を招きそうな「夜遊び中の写真」も “モテる度 74%アップ” とのことだ。

・「自撮り写真」はモテない!

では逆に、どんな写真が “低評価 = モテない” のか? 以下が、NG写真の特徴だ。

【こんなプロフィール写真はモテない!】
自撮り(モテる度 40%ダウン)
サングラスをかけている(モテる度 41%ダウン)
ビーチで撮影されている(モテる度 女性47%ダウン、男性80%ダウン)
Snapchat(スナップチャット)の画像加工(モテる度 90%ダウン)
洗面所の鏡に映った自撮り(モテる度 90%ダウン)
恋人っぽい人と一緒に写っている(モテる度 98%ダウン)

Snapchat(スナップチャット)の画像加工とは、犬の耳や鼻のイラストで顔を “デコる” 機能。日本でもモデルの菜々緒さんなんかが Instagram 上で披露しているが、たしかに使いこなすのはちょーっと難しいだろう。

・赤の他人の方が「良いプロフィール写真」を選び出せる?

……というのが『Hinge』がまとめたモテる&モテないプロフィール写真の特徴だが、ここまでイチイチ気にしていられてない人もいるはず。なら思い切って、赤の他人にプロフィール写真を選んでもらってもいいかもしれない。

豪ニューサウスウェールズ大学が行った実験で、自分よりも、赤の他人が選んだプロフィール写真の方が、他者により良い第一印象を与えることが出来たという結果になっているからだ。どうやら人間は、こと「プロフィール写真の第一印象」になると、客観的視点を欠いてしまう傾向にあるようなのだ。

「出会い系 = 遊び相手を見つける場」と軽んじるなかれ。筆者の知り合いにも、出会い系アプリ ‟Tinder(ティンダー)” で知り合って、結婚までこぎ着けた人がいる。運命の相手が目にするかもしれない、出会い系サイトのプロフィール写真。慎重に決めようぜ!!

参照元:HingeSpringer OpenThe Independent(英語)
執筆:小千谷サチ
Photo:RocketNews24.

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です