“いじめ自殺”中学生の父親が「初動調査」体制の確立を要望 – NHK



“いじめ自殺”中学生の父親が「初動調査」体制の確立を要望

k10010921851_201703231807_201703231808.mp4

いじめを苦に自殺したと見られる青森市の女子中学生の父親などが文部科学省を訪れ、深刻ないじめが起きた場合に、直後に情報を集める「初動調査」の体制を確立させることなどを要望しました。

文部科学省を訪れたのは、去年8月に列車にはねられて死亡した青森市の中学2年生、葛西りまさんの父親の剛さんと、いじめの被害者などを支援しているNPO法人のメンバーです。
要望書の中で、学校で深刻ないじめが起きた場合に、直後に広く情報を集めて調査しなければ真実が明らかにならないとして、学校での初動調査の体制を確立させ、その情報を被害者と共有することや、調査委員会は、利害関係のないほかの都道府県のメンバーで構成することなどを求めています。
父親の剛さんは「情報共有がしっかりなされておらず、事実関係が全く知らされていない。遺族は苦しめられ、ただ待たされている気持ちになる」と話していました。
また、NPO法人「ジェントルハート プロジェクト」の小森美登里さんは「第三者調査委員会が立ち上がる前に学校がきっちり調査しているかを文部科学省が監視するべきだ」と話していました。



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です