原因はスマホ? 米国人の「セックス離れ」が統計で明らかに – WIRED.jp

米国成人の年間のセックス頻度は、1995~2000年の平均約62回から、2010~14年の約53回へと減少しているという調査結果が発表された。大卒者と南部在住者での減少が特に大きいという。

TEXT BY BETH MOLE

TRANSLATION BY MINORI YAGURA/GALILEO

ARS TECHNICA(US)

tired men in bed

<

p class=”caption”>PHOTO: GETTYIMAGES

米国における「セクシーな時間」は減少しつつあると、学術誌『Archives of Sexual Behavior』に3月6日付けで掲載された研究論文は述べている。

米国に住む成人たちの回答に基づくと、1990年代後半よりも2010年代前半のほうが年間のセックス頻度が9回少ない。平均では、1995~2000年の年間約62回から、2010~14年の年間約53回へと減少している。研究者によるとこうした減少は、基本的には、年齢や人種、宗教、教育水準、雇用状況に関係なくみられるという。

研究チームはこの減少を2つの傾向と結びつけている。ひとつは、結婚していなかったり決まったパートナーがいなかったりする「シングル」が増えていること。もうひとつは、パートナーがいる人たちにおいても性生活が「スローダウン」していることだ。しかし、こうした傾向がなぜ起こっているかについてはわかっていない。

この研究は、全米で長期にわたって実施されている「総合的社会調査」(GSS)のデータに基づいている。GSSでは、全米を代表すると考えられる18歳以上の調査対象に対して、1972~2014年にほぼ毎年調査が行われたものだ。今回の研究は、2万6,620人の回答に基づいている。

研究結果を個別に見ていくと、年間の平均セックス頻度は、既婚者の場合は1995~2000年の69回近くから、2010~14年の56回足らずに、未婚者の場合は54回から51回に低下している。一方、既婚か未婚かを問わず、決まったパートナーがいない米国人は、2006年には調査対象者の26パーセントだったが、14年には33パーセントに増加している(この質問は、06年と14年の調査にしか含まれていない)。

1990年代以降、セックス頻度の減少幅が最大だったのは、大卒者(年間頻度が約15回減少)と南部在住者(約13回減少)だ。「6歳以上の子どもがいる親」も、大幅に減少している(子どもの年齢によるが、4~9回減少)。ポルノ映画を流し見する習慣のある米国人も、年に11回減少している。

ただし、研究者がこの結果を分析したところ、「労働時間の増加」や「ポルノへの関心の高まり」との相関性は明らかではなかった。それよりも、「幸福度の低下」や「鬱の増加」(過去の研究で、30歳を超えた成人の幸福度が2000年?14年までの間に減少したことが明らかになっている)、「ベッドで楽しめるデジタルエンターテインメント」(Netflixやスマートフォンやソーシャルメディア)などの要因によって促進されているのではないかと推測されている。

論文の主執筆者であるサンディエゴ州立大学の心理学者ジーン・トウェンジらは、子どもをもつ年齢が上昇している点も指摘している。セックスに水を差す「高齢化」と「子ども」という二重苦が、情熱の炎をかき消す「最悪な状況」につながっている可能性がある、と研究者らは書いている。

さらに、世代での違いもある。研究者が年齢と時代の対照研究を行ったところ、ミレニアル世代や「i世代」と呼ばれる1990年代生まれは、30年代生まれと比較して、年間セックス頻度が平均6回少ないことがわかった。

なお、データは全米を代表しているので、今回の調査結果は主に異性愛者のものと考えられる。異性愛者は、回答者の90パーセント以上を占めるからだ。

セックスの頻度は全体的な健康と関係しているので、研究者たちは今回わかった傾向は重要だと考えている。「人々は、幸福度が下がったからセックス頻度が減ったのか、あるいは、セックス頻度が減ったから幸福度が下がったのか。おそらくその両方でしょう」と、トウェンジは『ワシントン・ポスト』紙に語っている

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です