米雇用統計、予想上回る23万5000人増 市場の見方 – 日本経済新聞

 先週末10日発表の2月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月から23万5000人増え、市場予想を上回った。失業率も4.7%と1月から0.1%下がり、市場では来週14~15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利上げの観測がほぼ固まった。雇用統計の評価や市場、米景気の展望について関係者に聞いた

■米株式 「改善に驚きなし 目先は上値重く」

証券会社ワンダーリッチ・セキュリティーズのチーフ・マー

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です