競争力強化へデータ活用を ものづくり白書、製造業で:経済:中日新聞 … – 中日新聞

 政府は6日、2016年度版の「ものづくり白書」(ものづくり基盤技術の振興施策)を閣議決定した。少子高齢化に伴う労働力人口の減少が懸念される中、製造業の競争力を強化するには膨大な情報を集めて分析する「ビッグデータ」やロボットの活用が不可欠だと強調した。

 経済産業省が16年末に実施した調査では、66・6%の企業が国内工場の設備にセンサーなどを取り付けてデータを収集し、生産性向上につなげる取り組みを始めていると回答。前年に比べて26・0ポイント増加した。白書は「データ活用への関心が高まっていることがうかがえる」と評価した。

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です