「映画興行成績ランキング」 2017年制作も「美女と野獣」など2本がトップ20入り – ZUU online



ディズニーのあの実写映画

映画史上世界中で最大のヒットとなった映画のランキングが発表され、「アバター」「タイタニック」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」がトップ3に輝いた。

2015年は大作映画の当たり年だったようで「ジュラシック・ワールド」や「ワイルド・スピード SKY MISSION」を含む4本がトップ10入り。この4本だけで66億ドルを超える大ヒットとなった。

2017年に製作された映画も、エマ・ワトソン主演の実写映画「美女と野獣」と「ワイルド・スピード ICE BREAK」の2本がトップ20入りしている。

人気シリーズの作品ばかり並ぶランキング 20位から11位は?

映画,興行成績,アバター
(写真=Thinkstock/Getty Images)

20位 トイストーリー3 総興収10.6億ドル(製作2010年)
19位 ダークナイト ・ライジング 10.8億ドル(2012年)
18位 トランスフォーマー/ロストエイジ 11億ドル(2014年)
17位 007 スカイフォール 11.1億ドル(2012年)
16位 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン 11.2億ドル(2011年)
15位 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 11.4億ドル(20003年)
14位 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 11.5億ドル(2016年)
13位 ミニオンズ 11.6億ドル(2015年)
12位 アイアンマン3 12.1億ドル(2013年)
11位 ワイルド・スピード ICE BREAK 12.3億ドル(2017年)

次のページ
トップ10入りした名作は?
page 1 of 2

「映画興行成績ランキング」 2017年制作も「美女と野獣」など2本がトップ20入り
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

PREV 雇用者数は前月比3.3万人減。ハリケーンの影響により、市場予…



こんな記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です