ワールドベストレースホースランキング、アロゲートがトップ守る – netkeiba.com

アロゲートがランキングトップを堅守(写真は2017年ドバイWC優勝時、(c)netkeiba、撮影:高橋正和)

写真を拡大 写真拡大

アロゲートがランキングトップを堅守(写真は2017年ドバイWC優勝時、(c)netkeiba、撮影:高橋正和)

IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。今回の発表は、2017年1月1日から5月7日までに施行された世界の主要レースを対象としている。

ランキングトップは前回同様アロゲートで134ポンド、第2位はウィンクスで132ポンド、第3位はガンランナーハートネルジャックホブスの3頭で123ポンドとなった。上位5頭は、順位、レーティングともに前回の発表と変わっていない。

第6位タイは122ポンドで、シャトークアと、ケンタッキーダービーを勝ったオールウェイズドリーミングがランクされた。

日本調教馬は5頭が掲載され、前回7位だったキタサンブラックが第8位で121ポンドとなった。天皇賞(春)の勝利は大阪杯と同じ121ポンドと評価され、距離区分に「E」が加わり、Eコラムではトップとなった。

キタサンブラック以外では、前回第8位タイだったサトノクラウンサトノダイヤモンドが120ポンドで第9位タイに、天皇賞(春)2着のシュヴァルグランとクイーンエリザベスII世カップを勝ったネオリアリズムが119ポンドで第16位タイとなった。

(JRA発表)

提供:ラジオNIKKEI

こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です