Ginzamarkets、大規模サイトの品質モニタリングSEOツールをリリース – MarkeZine

 Ginzamarketsは、6月5日に、大規模サイトの品質モニタリングSEOツール「Ginza Deeper Crawl」をリリースした。

「Ginza Deeper Craw」ダッシュボードイメージ

 数十万、数百万ページを管理する大規模サイトでは、コンテンツの重複チェックや各種タグの設定チェック、クローラビリティの確認は容易ではない。重複コンテンツやクローラビリティに起因し、Googleに適切にインデックスされない、また検索順位へネガティブな影響を与えるなどの問題がある。こういった状況を背景にGinzamarketsは、同ツールのリリースに至った。

 同ツールの特徴として、タイトル、見出しタグ、コンテンツなどの重複チェック、各種タグの設定チェック、クローラビリティチェックなどが簡単にできるようになる。また、ページの表示速度チェックやサイトマップの生成も可能だ。

【関連記事】
WEBLA、SEOモニタリングツール「Crawlis」をリリース 競合サイト比較でSEO対策支援
アイレップ、オウンドメディア向け運用型SEO「コンテンツオプティマイザー」提供開始
日系企業はSEO対策不足? アジア10か国における検索結果順位発表 【アウンコンサルティング調べ】
シャノン、コーポレートコミュニケ―ション支援企業のa2mediaと提携
トライベック・ストラテジー、「HIRAMEKI experience」リリース~サイト構築を容易に


こんな記事も読まれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です